• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕はまとめサイトでそれなりにお金を稼いでいますが、ネットビジネスにおいて、まとめサイトのようなコピペコンテンツはほぼ間違いなくクズ扱いされます。

 

「他人のふんどしで儲けやがって」

「コピペなのにオリジナルサイトより儲かってるのはズルい」

「ゴミサイトを量産しやがって」

 

このような意見を、いままでに何回も聞かされてきました。

また、このような意見を言ってくる人たちは、大抵次のような事も口にします。

「コピペには価値がない」

と…。

 

ただ、コピペサイトを大量に作ってきた僕からすると、コピペには価値がないという意見や、コピペサイトがオリジナルサイトより儲かるのは悪だ!という意見に、いつも疑問を抱いてきました。

だって、サイト構築の仕方によってはコピペサイトの方がオリジナルサイトよりも「価値あるサイト」になってしまうんですから…。

 

 

使いやすさにこだわれ!

オリジナルサイトとコピペサイト、どちらの方が価値があるかと聞かれたら、僕はもちろんオリジナルサイトだと即答します。

僕はコピペサイト(2chまとめサイト)を運営していますが、それはあくまでも僕自身にオリジナルコンテンツを作る文章力がなかったり、バイトで忙しくてまともなアフィリエイト方法を学んでいる時間がなかったりしたことが原因です。

貧乏大学生だった僕には、お金がなくても、時間が無くても始められるまとめサイトが、もっとも合理的なお金の稼ぎ方だっただけです。

豊富な時間や裕福な生活が送れるだけのお金があったら、僕だって自分でオリジナルコンテンツを作っていたと思います。

僕とは違い、初めからオリジナルコンテンツを作っている人たちは本当にすごいと感心します。

 

ただ、オリジナルコンテンツを尊敬している僕でも、コピペに価値がないという意見にはどうしても賛同できない部分があるのです。

そしてその部分こそ、コピペサイトがオリジナルサイトよりも選ばれてしまう理由だと考えています。

 

簡単に説明してしまうと、コピペサイトの方が使いやすいんですよね。

ユーザー目線で見ると、コピペサイトの方が良質なコンテンツばかりのオリジナルサイトよりも、圧倒的に使いやすい。

 

2ちゃんねるまとめサイトなんて、その代表格じゃないですか。

オリジナルである「2ちゃんねる」は、不特定多数の人が自由に書き込みできる掲示板ですが、非常に読み辛い。

ユーザーが求める情報が比較的簡単に見つかったり、見つからなければ質問して誰かから回答をもらうだけで済むので、とても利用価値のあるサイトではあります。

しかし、煽りや荒らしコメントがあったりして読みにくくなっているのも事実。

だからそれを読みやすいように編集したまとめサイトは、ユーザーにとって非常に読みやすく、かつ面白いため人気になるわけです。

 

2ちゃんねるまとめサイトに限らず、ほかにもコピペの方が人気になってしまう理由があります。

たとえば…。

 

 

広告が多すぎる

どんなに頑張って作ったオリジナルサイトでも、広告が目立ってしまうサイトでは人気になれなくて当然でしょう。

だれも広告が見たくて、あなたのサイトを訪れたわけではありませんから。

 

好きな女優が出演しているテレビドラマが、番組の半分近くをCMにしていても、あなたはそのドラマを見ますか?

画面の半分がテレビ局の広告画面になっていても、あなたはテレビを見ますか?

…ということです。

 

 

関連記事へのリンク

あなたは各記事に、同じカテゴリの記事やタグへの「関連記事へのリンク」を張っていますか?

 

「自分のサイトにはプラグインを使って、関連記事へのリンクがあるから大丈夫だ」

と思ったあなたは、残念な人です。

 

いまどき、ワードプレスサイトでいえばプラグインを使うなどして同カテゴリの記事へのリンクを各記事に付けるのは当たり前の話です。

無料ブログでも同カテゴリ記事へのリンクは、HTMLをいじれば簡単に張れます。

 

僕が言いたい関連記事へのリンクとは、記事本文内に張るものです。

この記事を読み進めていく間に、他記事へのリンクがいくつか張ってあったと思います。

ユーザーが「?」と思った瞬間に関連記事を読めるようにしておいた方が、ユーザーにとって使いやすいサイトだとは思いませんか?

 

内部SEO対策にもなりますし、本文内に関連記事へのリンクを張った方が良く読まれる傾向にあるので、関連記事へのリンクを張っていきましょう。

 

シリーズもの

おなじ理由から、シリーズものの記事を作った場合は、必ずリンクを本文内に入れます。

まとめサイトの場合だと、ドラマやアニメの各話感想記事などで使えます。

 

 

まとめ

ネットサーフィンをしながら、「この部分は使いにくいな」「こういう記事へのリンクがあればいいのに」と思ったことが一度ならず、何回かあるはずです。

使いづらいと思われてしまうサイトは、それだけで損をしています。

 

僕はコピペサイト(まとめサイト)の専門職ですが、こういう不便さを解消するように努め続けた結果、あまり労力やお金をかけずに儲けることができました。

オリジナルコンテンツの入った使い辛いサイトを作るより、コピペで使いやすいサイトを作った方が僕には向いていたわけです。

勿論、オリジナル記事の入った、ユーザーにとって使いやすいサイトを作るのが一番良いのは間違いありませんが…。

 

もしもコピペサイトをクズ扱いしている人で、この記事を読んでいる人がいたら、自分のサイトを見直してみてください。

”クズサイト”に負けている理由が見つかるかもしれませんから(笑)