• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まとめサイトを作りこんでいると、だんだんとデザインにこだわりたくなってきます。

記事編集・投稿に慣れてくると初めのころより短時間で記事が作れるようになり、空いた時間で何かやりたくなってくるからです。

また、相互リンクの申請をしていくうち、デザインの素晴らしいまとめサイトに出会ったり、逆に記事が読みづらいまとめサイトを見つけたりするようになり、自分のまとめサイトのデザインにも注意が向くようになるのが理由のひとつでしょう。

 

まとめサイトのデザインは必要最低限の要素が取り入れらていれば、それほどくだわる必要はありません。

アクセスもサイト開設直後の時期では、記事更新頻度による影響が大きいのでデザインはあまり気にしなくて良いでしょう。

今回は、まとめサイトに最低限取り入れておきたいデザインの要素を書き出しておきます。

 

まとめサイトに必要なデザインの要素

オリジナルヘッダー画像

まとめサイト ヘッダー画像

数多くのまとめサイトの中から、訪問者にあなたのサイトを訪れる理由を作ってあげるには、オリジナルのヘッダー画像が有効です。

ライブドアブログにはまとめサイト用のデザインテンプレートが数種類用意されており、ヘッダー画像が簡単に変更できるようになっています。

 

まとめサイト デザイン 画像

 

他のまとめサイトとの差別化を図るためにも、ヘッダー画像くらいはオリジナルの画像を用意してください。

2ちゃんねるっぽいものや、あなたのまとめサイトのイメージに合った画像にしておけば問題ありません。

 

相互RSSフィード

相互RSS 画像

アクセスアップのためにも必要ですが、相互RSSフィードを表示させます。

相互RSSの設定方法は別記事に書きますが、2列でも3列でも構いませんし、4列RSSや2段組みRSSも作れます。

RSSのデザインはあまり気にするような部分ではありませんが、RSS自体はまとめサイトに必須です。

まとめサイトのヘッダー下部分や記事の終わり部分に表示さえておくとアクセスのやり取りに有効です。

文字RSS、画像RSSを組み合わせたりして表示させます。

 

最新記事・人気記事

誰でも古い記事やネタよりは、最新のネタ、最新のニュース、最新の記事が読みたいと思うものなので、最新記事を一覧表示させておくようにしましょう。

同様の理由で、人気記事もランキング形式で表示します。

最新記事にあまり興味を持たなかった人でも、人気の記事だけは気になったりするものです。

人気記事は古いものでもよく見られるので、必ずサイドバーなどに表示させます。

 

最新記事・人気記事を一覧表示させておくと、サイトのPV数増加につながります

必ず訪問者にわかりやすいように表示させておきましょう。

 

逆アクセスランキング

逆アクセスランキング 画像

逆アクセスランキングとは、あなたのサイトにアクセスを送ってきてくれているサイトをランキング形式で表示するものです。

ランキング上位のサイトほどアクセスを多く送ることができるサイト=人気サイトや大型のサイトということになるので、そういったサイトとは清く長いお付き合いをしていってください。

 

コメント欄

コメント欄もまとめサイトに必須のデザイン要素です。

コメントの多いサイトほど訪問者から信頼されているサイトということになり、初めて訪問した人からの信頼度も上がります。

あなたのサイトのファンになってくれやすくなるということです。

一回しか訪問してくれない人と、何回も訪問してくれる人(ファン)だったら、どちらを増やしていった方が後々のアクセス数が伸びやすいでしょうか?

とうぜん、何回も訪問してくれるファンを増やした方が良いに決まっています。

訪問者がコメントしやすいように、コメント欄を目立たせたり、入力項目を減らす(メアドや画像認証を削除する)などしてコメントしやすい環境を整えましょう。

 

お問い合わせページ

必須ではありませんが、あなたのまとめサイトに広告掲載を依頼したり、記事で取り上げてもらいたいスレッドがある場合などに、まとめサイト管理人に直接連絡を取りたいというひとがいたりします。

メールアドレスや氏名などの個人情報も入力してもらうため、コメント欄とは別の形式にする必要があります。

連絡用メールアドレスの@を☆などに変えて掲載するか、フォームズなどを利用しましょう。

ワードプレスでまとめサイトを運営している場合は、プラグインと呼ばれるアプリのようなものを使っても専用の連絡フォームが作れます。

 

広告

アフィリエイト報酬を稼ぎたい気持ちが先走って、広告を張りまくる初心者が多いですが、広告はあまり表示させないのが鉄則です。

表示させても1つか2つくらいにとどめましょう。

ひとつのまとめサイトで稼げるアフィリエイト報酬は、せいぜい月に50万円程度です。

ある程度の報酬で満足するならそれでもかまいませんが、広告をあまり張らず、莫大なアクセス数を武器にして企業を相手に直接交渉した方が報酬は倍増します。

僕も、まとめサイトからの収入のほとんどは、アフィリエイト報酬ではなく企業との契約金です。

数か月間はタダ働き同然に感じるかもしれませんが、広告を張らない方がアクセスの伸びが良くファンも付きやすいので、特にサイト開設初期段階では広告を張らないようにしましょう。

 

アクセスカウンター

あってもなくてもほとんど影響のない要素ですが、一応書いておきます。

あまりアクセス数の伸び方に影響しませんが、一日1000PV以上になるまでは表示させてはいけません。

弱小サイトであることを前面に押し出しすぎると、訪問者に舐められてしまいます。

相互リンク申請する際には弱小サイトであることをアピールしても構いませんが、それはあくまでも対象が同業者(まとめサイト管理人)である場合です。

人気のない、アクセスの少ないまとめサイトを訪問するメリットは、訪問者側にはありません。だれでも人気サイトが見たいですから。

 

ある程度のアクセスが集められるようになってから、表示させましょう。

 

また、あなたのまとめサイトが順調に成長し、中堅サイト、大手まとめサイトに相互申請できるレベルになったら、アクセスカウンターを表示させておいた方が相互登録してもらいやすいです。

これはアクセス数を見たほうが、客観的にあなたのサイトの規模を判断できるからです。

 

 

ここまで、まとめサイトのデザインと表示させる要素について長々と書いてきました。

あなたがまとめサイトを作る際の参考にしてください。