• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットビジネスをするなら、ブログ作成は必須です。

インターネットで集客(アクセス集め)をする以上、現実世界の店舗に該当するブログやホームページがなければお客さんは集められません。

ここでは、現在もっとも人気のある無料ブログである、ライブドアブログの作り方を解説したいと思います。

なお、FC2ブログでまとめサイトを作りたい方は、『【まとめサイト版】FC2ブログの作り方』を参考にしてください。

 

ライブドアIDの取得

初めに、ライブドアIDという専用のIDを取得します。

すでにライブドアIDを持っている方は、ここを読み飛ばしてください。

ライブドアIDは、ライブドアのトップページから新規登録します。

ライブドア

 

livedoor top

 

トップページ右上の「ユーザー登録」をクリックし、

  • livedoor ID
  • パスワード
  • メールアドレス

を登録します。

 

livedoor id

 

なお、このとき自分で設定した「livedoor ID」は、ブログURLの初期設定として使用されます。

どうしてもhttp://blog.livedoor.jp/〇〇〇/というサブディレクトリ形式のURLにしたい場合は、この段階でブログURLが決まります。

別にこだわりがなく、http://〇〇〇.blog.jp/ のようなURL(サブドメイン)でも良いという方は、ライブドアIDを自分の好きなものにしてください。

ちなみに僕はサブドメインを推奨しているので、できるだけブログURLにしたい文字列と関係ない文字列をライブドアIDに設定しましょう。

 

メールアドレスはGメールヤフーメールのようなフリーメールを設定しても大丈夫です。

ヤフーメールの方が1アカウントで最大11アドレス登録できるので、便利だと思います。

 

「ユーザー情報を登録」をクリックすると画像認証画面がでてくるので、画像認証してください。

 

livedoor ninsho2

 

 

先ほど登録したメールアドレス宛にライブドアから確認メールが届くので、確認用URLをクリックしてください。

 

livedoor mailkak2

 

これでライブドアIDの登録は完了です。

 

 

ライブドアブログの作成

ライブドアIDの登録が終わったら、再びライブドアのトップページに移ります。

ライブドア

 

左上の「ブログを書く」をクリックし、ライブドアブログの基本情報を設定します。

 

livedoor blog kaku

 

ライブドアIDの取得説明でも触れましたが、ブログURLはサブドメイン形式にした方が良いと僕は考えています。

SEO的に有利になるという話もありますが、一番の理由はセキュリティ面での不安です。

標準URLのままだとライブドアIDを公開しているようなものなので、パスワードが漏れた際ブログが乗っ取られる危険が高まります。

ですので、できるだけサブドメインを設定しましょう。

 

livedoor blog joho2JPG

 

「お知らせメール」のチェックは外してもかまいません。広告メールが届くだけなので…。

設定が終わったら、「ブログを作成する」ボタンをクリックしてください。

 

livedoor iblog seteiJPG

 

これでライブドアブログの基本設定は終わりです。

 

 

まとめサイト版・ライブドアブログの設定項目

基本設定が終わったら、ネットビジネスが最速でスタートできるように詳細項目の設定をします。

設定は、左上にある「マイページ」をクリックした後、「ブログ設定」から設定するのが便利です。

アクセスアップに少しでも貢献できるよう、最低限の設定だけは早めに済ませてください。

 

livedoor mypage

 

livedoor settei

 

 

ブログの基本設定

ブログのタイトルやカテゴリ、ブログの説明(Discription)、ファビコンなどが設定できます。

「ブログのカテゴリ」はまとめサイトであれば【まとめ総合】を選んでおけば問題ありません。

カテゴリは何を選んでも別に構いませんが、ライブドアブログ内の『カテゴリ別ブログランキング』に掲載されるため、ブログ内容とマッチしたカテゴリを選んでおいた方が無難でしょう。

ここでアダルトカテゴリを選択した場合だけ、後からカテゴリの変更ができなくなるので、アダルトジャンルにする予定がなければ、アダルト以外のカテゴリを選択してください。

ただ、アダルトカテゴリ以外を選んでも投稿する記事内容がアダルトな内容ばかりだと、ライブドア側から勝手にカテゴリ変更されます。

アダルトジャンルにするつもりがなかったのにアダルトカテゴリに入れられると、検索流入が減ることがあるので注意が必要です。

 

livedoor 基本設定

 

各項目の設定が済んだら、設定ページ一番下の「設定する」を押してください。

 

 

ブログURL

トップページのURLや各個別記事のURL設定ができます。

SEO的にはこだわっておきたい部分ですが、変更しなくても通常のブログ運営には支障ありません。

強いて言えば「ブログ内URL形式」で、個別記事・カテゴリーアーカイブ・月別アーカイブのURL形式から【archives/ 】を削除しておいた方が良いかもしれないですね。

役に立つURLではありませんし、URLはなるべく短い方がツイッターやフェイスブック等でシェアされやすくなりますので。

 

livedoor url 設定

 

 

広告表示設定

ライブドアブログは無料で利用できる代わりに、運営側の広告が自動的に表示されます。

これをなるべく減らすために、記事下広告やヘッダーロゴ、サイドバーロゴの表示設定を【表示しない】にしましょう。

 

livedoor 広告表示設定

 

広告表示設定は近年PV数の大部分を占めるようになってきた、スマホートフォンでの広告表示は消せません。

スマホユーザーからの広告収入が欲しいのであれば、初めからレンタルサーバーと独自ドメインを契約してください。

 

広告表示設定では、AmazonアソシエイトIDと楽天アフィリエイトIDも設定できます。

ここで設定しておくことで、記事編集時に自分のアフィリエイトコードが入ったアフィリエイト商品を掲載しやすくなります。

 

livedoor アフィリエイト広告

 

 

投稿設定

コメントの受け入れ・受け入れ拒否、画像サイズ・回り込みの有無などが設定可能です。

人気ブログランキングに登録した場合には、「更新ping設定」に【Ping送信先URL】を追加してください。

記事を投稿する度、人気ブログランキング側に更新情報が届ようになります。

そうすれば、わずかですが人気ブログランキングからのアクセスアップが期待できるようになります。

 

外部サービス連携

TwitterやFacebook、mixiなどの外部サービスとの連携設定をします。

記事を投稿するたびに、ここで設定したツイッターアカウントやフェイスブック個人ページ or グループページに記事の更新情報が表示されます。

ツイッターなど検索エンジン以外からのアクセスを求めるなら、必ず設定しておきましょう。

 

グーグルアナリティクスの設定も簡単にできるので、アクセス解析を詳しく行いたい場合はアナリティクスIDの設定もしてください。

 

 

ツールを使って記事を投稿する場合

まとめサイトを作る場合など、市販のソフトやツールを使用して記事を投稿する場合、もう一つの設定が必要です。

 

ブログ設定画面から、「API Key」をクリックしてください。

 

livedoor apikey

 

「AtomPub用パスワード」蘭の横にある【発行する】をクリックします。

 

livedoor api キー 発行

 

すると、空欄だったところにアルファベットが数文字現れるので、これを編集ツールの該当箇所に設定します。

多くの編集ツールでは、

  • livedoor ID
  • パスワード
  • API Key

の3つの情報を使えば編集ツール側から自動的に記事が投稿できます。

 

いまはまだ編集ツールを使うつもりがないという方でも、いずれ使うときのために頭の片隅に置いておいてください。

 

 

以上で、ライブドアブログの基本的な作り方の説明は終わりです。

デザイン設定については別の記事にする予定なので、そちらをご覧ください。

 

⇒参考:まとめサイトの初期段階で決めておきたいデザイン7項目