• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2ちゃんねるまとめサイトのことを話題にする際に、よく間違えられるサイトがあります。

それは、「キュレーションサイト」

 

このブログで主題にしている2ちゃんねるまとめサイトキュレーションサイトは、どちらも「まとめサイト」と呼ばれることがありますが、内容は全然違います。

僕が作り方や稼ぎ方を知っているのは、あくまでも2ちゃんねるまとめサイトだけなので、もしかしたらキュレーションサイトの作り方や稼ぎ方を知りたがっていた人はガッカリするかもしれません。

反対に、まとめサイトと聞いて2ちゃんねるまとめサイトのことだけを思い浮かべ、「キュレーションサイトって何?」という人もいるかもしれません。

そういう人の為に、今回はキュレーションサイトについて簡単に解説したので、キュレーションサイトを知らない方は2ちゃんねるまとめサイトとの違いなどについて理解を深めておいてください。

 

キュレーションサイトとは

2ちゃんねるまとめサイトが2ちゃんねるの内容をまとめたサイトであるならば、キュレーションサイトは特定のテーマに沿ってネット上の情報をまとめた(集約した)サイトです。

 

たとえば、『ネットビジネスの種類について』がお題だった場合、

  • アフィリエイト
  • 電脳せどり
  • インフォプレナー(情報商材の販売者)
  • ユーチューバー
  • オンラインでの英会話講師や進学塾運営

など、さまざまな種類があります。

 

また、アフィリエイトだけに注目しても、

  • メルマガアフィリエイト
  • ブログアフィリエイト
  • ツイッターアフィリエイト
  • ユーチューブアフィリエイト
  • PPCアフィリエイト
  • トレンドアフィリエイト

など、さらに細かく分類できます。

 

電脳せどりだけを見てみても取り扱う品物によって、

  • 絵本せどり
  • CDせどり
  • 中古家電せどり

などなど、たくさんの種類があります。

 

それらの特徴やメリット・デメリット、稼ぎやすさなどを1つのページ内にまとめたものがキュレーションサイトです。

 

大学のレポートや会社の報告書のようなものをイメージしてもらえれば良いでしょう。

あるいは、ウィキペディアや辞書のようなものをイメージしても良いかもしれません。

 

キュレーションサイトでは、これらの情報をただ単にまとめただけでなくランキング形式にしたり、それぞれの項目ごとのオススメ教材や参考になるサイトへのリンクを貼ったりすることで、アフィリエイト報酬を稼いだりネット上から集客したりしています。

 

また、キュレーションサイトに掲載する情報は、基本的には信頼度の高い情報が書かれていることが多いし、訪問者もそのような認識でキュレーションサイト内の情報を閲覧しています。

 

2ちゃんねるまとめサイトの場合

これが仮に2ちゃんねるまとめサイトだった場合、どうなるかというと、先ほどと同じように『ネットビジネスの種類』がお題のスレッド(書き込み)を2ちゃんねるから探し出して、内容を読みやすいように編集しただけになります。

2ちゃんねるは不特定多数の人たちが、お題に沿って好き勝手に書き込みを行っていくだけです。

そのため、ネットビジネスの種類がお題であれば、アフィリエイトの話しか話題にならないかもしれないし、せどりのことしか話題にならないこともあり得ます。

また、アフィリエイトでもトレンドアフィリエイトのことしか話題にならない可能性もあります。

 

そういった場合、当然、そのスレッドをまとめた2ちゃんねるまとめサイトも、せどりの話題やトレンドアフィリエイトの話題しか取り上げることができません。

内容も会話形式で書かれていることが多いので、当初のお題から話がズレていき、最終的に全く別の話題になってしまうこともあります。

 

それから、数多く存在するネットビジネスの種類に関して、メリット・デメリットや特徴についてまで詳しく知ることができないかもしれません

匿名で書き込まれた情報なので、内容の信頼度もそれほど高くなく、訪問者も情報の『信憑性』までは求めないのが普通です。

 

 

このように、2ちゃんねるまとめサイトとキュレーションサイトの間にはたくさんの違いがあるし、そもそも、まったくの別物と言っても過言ではありません。

 

現代のように情報が氾濫した時代では、『大量の情報の中から必要なものだけをまとめたサイト』が求められています。

2ちゃんねるまとめサイトが人気になったり、まとめサイトを運営するための教材やツールが売れているのも、それが理由です。

 

キュレーションサイトと2ちゃんねるまとめサイトは、どちらも『情報をまとめている』サイトですが、その内容や根本的な構成、訪問者や運営者の考え方には差異があります。

あなたがもしもまとめサイトを作るのであれば、「どちらのサイトを作りたいのか?」を明確にしたうえでサイト作成に取り掛かってください。