• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕はブログやメルマガで、「まとめサイトを作るならレンタルサーバーを契約して、独自ドメインで運営しましょう。」ということを、よく書いています。

その理由は他のブログ記事やメルマガを読んで確認してもらいたいのですが、無料ブログなどで運営するよりも独自ドメインにはメリットがたくさんあるので、そのようにお伝えしています。

ですがその割に独自ドメインの取得方法についての説明記事が少なく、読者さんにとって不親切だったかな?と思い、今回、バリュードメインの取得方法について書いてみました。

まだドメインを1つも持っていないという人はこの記事を参考にして、バリュードメインで最初のドメインを取得してみてください。

 

バリュードメイン・アカウントの取得

バリュードメインで独自ドメインを取得するには、まず初めにバリュードメインにユーザー登録しなければなりません。

バリュードメイン・ユーザー登録ページ

 

  • 希望するユーザー名
  • パスワード
  • 連絡用メールアドレス
  • 氏名
  • 氏名(アルファベット)
  • 個人・法人の選択
  • 住所
  • 電話番号

これらすべてを入力することになるので、3分くらいかかります。

 

必要事項を全部入力したら、ページ最下部にある会員規約を読んだあとチェックを入れ、「ユーザー登録する」をクリックしてください。

 

 

クリック後、登録時に入力したメールアドレスにバリュードメインから登録完了メールが届きます。

ユーザー名やパスワードが記載されているのでご確認ください。

 

取得料金のチャージ

ユーザー登録が完了したら、バリュードメインにログインします。

バリュードメイン

 

バリュードメインはプリペイド方式(先払い方式)を採用しているので、ドメイン取得前にお金を入金(チャージ)しておきます。

入金するには、グローバルメニュー(ヘッダー下にある帯状のリンク集)にある「ドメイン登録」をクリックしてください。

 

 

その後、左側にある「支払い」にマウスカーソルを合わせ、新しく出てきたリンクの中からお好きな支払方法を選びます。

 

バリュードメイン チャージ

 

僕はクレジットカードをよく使うので、「クレジットカード手動決済」を選ぶことが多いです。

 

決済方法を選択すると入金額の入力が出来るようになるので、お好きな金額を入力してください。

独自ドメインはキャンペーンなどで安くなっていると最安2円で購入できたりします。

 

 

通常価格だと、.comや.netなどのメジャーなドメインが1500円程度なので、2000円くらいチャージしておけば問題ないでしょう。

いちおう、.com(商業組織).net(ネットワーク).biz(ビジネス)など、それぞれに意味が付けられているようですが、特に気にしなくても大丈夫です。

安いドメインを選ぶか、2年目以降の更新費用も考慮しながら購入します。

 

独自ドメインの取得

チャージが済んだら、いよいよ独自ドメインを取得します。

 

独自ドメインは早い者勝ちで取得できるので、自分が使いたいドメインがあったとしても、他の人に取られているかもしれません。

そこで、まずは空きドメインの検索をします。

 

バリュードメインのグローバルメニューから、「ドメイン登録」にマウスカーソルを合わせ、出てきたリンクの中から「空きドメイン検索」、または「新規登録キャンペーン」をクリックします。

 

新規ドメイン登録

 

移動後の画面でお好きなドメインを検索してみてください。

ドメインは.com とか.net より以前の部分になるので、.com では取得できなくても.net や.biz では取得できることもあります。

また、『日本語ドメイン』といって、僕のブログのようにドメイン部分が日本語で表示できたりもします。

 

空きドメイン検索

 

好きなドメインが取得可能であれば、購入ボタンをクリックして購入手続きに進みます。

 

ドメイン購入

 

購入確認画面に、取得するドメインと料金が表示されます。

 

購入ドメイン 確認

 

日本語ドメインを取得する場合は、xn--~~.com のように文字化けしたような表記になります。

これは「ピュニコード」と呼ばれるもので、ひらがなやカタカナ、漢字をアルファベットや記号に置き換えて表示したものです。

僕のブログURLは『2chまとめサイト作り方.biz』ですが、ブラウザに表示されているURLをコピーしてワードやエクセルに貼り付けると、文字化けしたみたいに変な記号とアルファベットで表示されます。

 

こんな具合です↓

http://xn--2ch-yb4b8dta7dulrfxhw524a5cuc.biz/

 

無駄に文字数が増えたり、インターネットエクスプローラなど一部のブラウザでは正しく表示されなかったりするので、日本語ドメインが嫌な人はアルファベットで空きドメインを検索したり登録したりしてください。

 

名義を代理公開する

登録確認画面の下の方に画面をスクロールすると、ドメインの登録者情報として

  • メールアドレス
  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号

などの個人情報が記載されていると思います。

 

これらの情報は『WHOIS情報』といって、ネット上で公開されるものです。

 

つまり、このままドメインを登録すると、世界中の人たちがあなたの住所や名前などの個人情報を調べることが出来てしまうわけです。

それって、なんか気持ち悪いですよね?僕もいやです。

 

だからそういった個人情報を暴露しないようにするために、バリュードメインでは『代理公開』というシステムが無料で利用できます。

 

どうやって利用するかというと、今の画面の更に下の方に、『ドメインの名義(WHOIS情報)を代理公開する』という項目があります。

その項目の「弊社の代理名義にする」をクリックして、新たに表示される確認画面でもOKをクリックすれば設定完了です。

 

ドメインの代理公開設定

 

代理公開 確認画面

 

OKをクリックすると、先ほどまで自分の住所などが記載されていた欄に、バリュードメインの会社住所などが記載されていることがわかると思います。

その状態で再度画面を下の方にスクロールして、「ドメインを登録」をクリックすれば、無事、独自ドメインの新規取得が完了です。

 

登録確認のメールが届くので、そちらも確認してください。領収書代わりになります。

 

 

以上が、バリュードメインの新規取得方法です。

バリュードメインは頻繁にキャンペーンを開催しており、独自ドメインが安く手に入りやすいのでおすすめなドメイン業者です。

代理名義公開も無料でできるので(有料の業者もあるので注意)、気に入った方はメイン業者として利用してみてください。

バリュードメイン